Hatena::Groupvweos

kaishiのEOS記録

2010-01-17

DSG公差較正

| 17:11 | DSG公差較正 - kaishiのEOS記録 を含むブックマーク はてなブックマーク - DSG公差較正 - kaishiのEOS記録

昨年終わり頃からDSGの変速つながりがちょっと悪い感じがしていたのでTBAを試すついでにDSGの較正を実行してみました。こちらもRoss-Tech Wikiに方法の記述があります。

6-Speed Direct Shift Gearbox (DSG/02E) - Ross-Tech Wiki

実行するのは"Transmission Tolerances (Engaged Calibration)"です。較正を行うにはDSGの油温が30~100℃の範囲でなければならない、という条件があります。DSGの油温はVCDSで確認します。

  • [Select][02 - Auto-Trans][Meas. Blocks-08]と進み、Groupに[019]を入れる。

f:id:ka_ishi:20100117170045p:image:w160

油温が30℃以下ならちょっと周囲を一周すればOKです。油温を条件に合わせたら以下の状態で作業します。

  • ATセレクタは"P"に
  • エンジンをかけておく
  • ブレーキペダルは調整終了までずっとしっかり踏み続ける
  • アクセルペダルは踏まない

較正作業は以下の手順で進めます。

  • VCDSで[Select][02 - Auto-Trans][Basic Settings - 04]を実行
  • Groupに[061]を入れて[Go!]を実行。Go!ボタンが押せなくなり、較正が開始される。較正中はエンジンルームから時々音がする。

f:id:ka_ishi:20100117154641p:image:w160

  • しばらくすると較正が終了して"Basic Settings"が"ON"になる。

f:id:ka_ishi:20100117154642p:image:w160

  • [ON/OFF/Next]を押して"Basic Settings"を"OFF"にする。VCDSは一旦終了させて良い。

一応、ここで較正作業自体は終了です。あとは確認作業になります。

  • キーをOFFにして一旦エンジンを切り、10秒以上待ったら再度エンジンをかける。
  • VCDSを起動して[Select][02 - Auto-Trans][Fault Codes-02]でエラーが無いかをチェック。
  • エラーが無ければVCDSを終了して、テスト走行をする。
  • テスト走行では発進から6速までを使う。奇数段(3,5)と偶数段(4,6)でそれぞれ5分以上走行。各段で1,200-3,500rpmまで回してクラッチ最終較正。フルスロットルから急ブレーキをかけてオイル戻りを確認。クリープと発進ポイントを確認。オイル漏れが無いか確認。
  • 上記のテスト走行ができる環境が無ければ、通常走行している内に自動的に最終較正は完了する。

実行してみた結果ですが、こちらはThrottle Body Alignmentとは違い、変化がありました。特に低速域の変速で実行前よりつながりがスムースになったのが実感できます。ただし変化としてはあまり大きくなく、較正実行の直前直後に走行したからはっきり判る、という程度の差です。 元々明らかにおかしかった訳ではなく「ちょっとつながり悪いかなあ」ぐらいだったので、それもあるのでしょう。

Throttle Body Alignment

| 15:51 | Throttle Body Alignment - kaishiのEOS記録 を含むブックマーク はてなブックマーク - Throttle Body Alignment - kaishiのEOS記録

ネットを見ると、VW車のバッテリー交換時には「スロットルボディアライメント(TBA)をする必要がある」と書かれている時があります。そもそもTBAとは何かは、VCDS(VAG-COM)の発売元であるRoss-Techのwikiに記載があります。

Throttle Body Alignment (TBA) - Ross-Tech Wiki

これによるとモーター制御のスロットルボディにアイドル、パーシャル、全開位置を再学習させる必要がある場合があるとのこと。TBAが必要になる可能性がある状況のひとつとして確かにバッテリーの交換時も挙げられてはいるのですが、本当に必要かどうかは各車両のリペアマニュアルを参照せよと書いてあります。

EOSリペアマニュアルのバッテリー交換の項を見ても「TBAをしろ」とは書いてありません。マニュアルに記載してあるバッテリー交換後にすべき設定確認作業は

  • キーをON/OFFして始動確認
  • DTC(Diagnostic Trouble Code)の確認
  • 時計の再設定
  • パワーウィンドウの再設定
  • その他全電装品の動作チェック

です。EOSの場合バッテリー交換時にTBAは不要ということになります。

(この他にASR/ESP警告灯が点くが15~20km/hで直進すれば消えるので心配するなという注意書きがあります)


以上で話は終わりなのですが、自己責任でTBAをやってみることにしました。上のRoss-Techのページを参照して行います。まずはTBAを行う条件として

  • エンジンコントローラーにエラーがない
  • バッテリー電圧が11.5V以上
  • スロットルを開けない(アクセルペダルを踏まない)
  • スロットルボディーが汚れていない
  • 水温は5~95℃の間

を確認します。この内スロットルボディーが汚れていないかは分解しないと確認できないので、汚れていないと信じて(^^;)調整開始。EOSはCAN仕様なのでページの一番下記載の方法で実行します。

  • キーはONするがエンジンはかけない
  • VCDSで[Select][01 - Engine][Basic Settings - 04]を実行
  • Groupに[60]を入れて[Go!]を実行。画面上の"Basic Settings"が"OFF"なことを確認。

f:id:ka_ishi:20100117154639p:image:w160

  • [ON/OFF/Next]を実行して調整開始。"Basic Settings"が"ON"になり、状態表示右端が一瞬"ADP RUN"になる。"ADP OK"に戻ったら調整終了。一瞬で終わる。見逃した場合は右から2つめの"Adaptation Counter"が増えているので調整が実行された事が判る(この数値はキーをON/OFFすれば"0"に戻る)。
  • [ON/OFF/Next]を再度押して"Basic Settings"を"OFF"にする。TBA作業全体はこれで終わり。

f:id:ka_ishi:20100117154640p:image:w160

TBA後に走ってみますが、おーっ、以前と違ってアクセルペダルに対してすごくリニアに反応します… なんてことは無くて、全く全然何にも変わりません(笑)。リペアマニュアル通り、普通にバッテリー交換する分にはTBA実行は不要なようです。

アクセルペダルの踏み量とスロットル開度に違和感を感じる場合等は実行してみる価値はあるかもしれません。

s_wakkies_wakkie2010/01/20 07:42これは全く知りませんでした。
さすがkaishi師匠!
勉強になります。

hana_maruhana_maru2010/01/20 09:17こういった内容まで解読されているんですね。
一昔前にコンピュータ関連の裏技とか裏コマンドとかを追求していたことが懐かしく思い出されます。
世にマイコンが出たころから、機械の構造が単純化されフェイルセーフすら機構的には搭載されなくなって、センサーからアクチュエータへの連携が制御機=コンピュータだけになり、コストは安く・機能は向上しましたが、個人的にはコンピュータの機能に支障が出たときの落差が人間の予測を超えやすいので危惧しています。
(たとえば夜、エンジンを始動したときにヘッドライトが初期動作をしなかったらといつもドキドキします。)
が、『裏技』によって、正しく更正や場合によっては設定を変えることが出来るようになったことも大きな楽しみではありますね。

ka_ishika_ishi2010/01/20 23:05わっきーさん
結局TBAは不要でしたし、DSGの較正もおかしいと思ったらディーラーで実行してもらえば良い話で、実のところユーザーがこんな事する必要は全然無いというオチなんですけどね(^^;)。

はなまるさん
これらの調整は恐らくディーラーの正規診断コンピュータ(VAS5051)なら普通に実行できる項目だと思います。本来ディーラーで実行するものがユーザーのPCでできてしまうという意味ではVCDSの存在そのものが裏技なんですが(笑)。
始動時のオートレベリングの初期診断は私なぞは「ああ、今日もちゃんと動いてるな」と目視できるので逆に安心です。私は「気づかないうちに壊れてる」のが嫌なので、オートライトもオートワイパーも常時ON、エアコンも閉めてるときは極力オート、オートクルーズも隙あらば使用して、とにかく付いてる機能はほぼ常時正常動作をチェックです(笑)。

トラックバック - http://vweos.g.hatena.ne.jp/ka_ishi/20100117